相模原のゴミ屋敷ならお任せください。

合同会社クリーンサービス
HOME
MAIL

相模原のゴミ屋敷

ゴミ屋敷問題でお悩みの方は、迷わず合同会社クリーンサービスにお任せください!
弊社では、神奈川県相模原市を拠点として、ゴミ屋敷の片づけ以外にも、遺品整理、生前整理、特殊清掃、不用品回収、廃車代行など幅広い事業を展開しています。
神奈川県、東京都を中心に各種サービスを提供しており、埼玉県、千葉県、群馬県などその他のエリアにも対応可能です。
個人様、法人様を問わずに、皆様が抱えるお悩み事に各種サービスのプロフェッショナルが丁寧に対応し、ベストな方法をご提案させていただきます。
年中無休で各種サービスを提供しており、ご相談もお見積りにも完全無料です。メールやラインによる見積りにも対応していますが、現場を確認してお客様のご要望などを聞いたうえで見積書を提出した後には、追加料金が一切かかることはないのでご安心ください。

相模原のゴミ屋敷

弊社には、遺品整理士や事件現場特殊清掃士などの有資格者や女性スタッフも多数在籍しているので、きめ細かいサービスを提供できることも大きな特徴です。ご希望に合わせて現場にも女性スタッフがお伺いするなど、臨機応変な対応も魅力の一つとなっています。
回収した不用品や遺品などを積極的にリサイクル活用することにより、大幅な負担減少も可能にしています。
お急ぎの方には即日対応も可能となっているので、まずはお気軽にお問合せください!

01ゴミ屋敷の片づけとはどんなことをしてくれるの?

ゴミ屋敷と判断する正確な基準はありませんが、誰が見ても家の中がゴミだらけで簡単に片づけられない状態であれば立派なゴミ屋敷と言えるでしょう。
ゴミ屋敷はその気になれば自分で片付け可能ですが、それができる人ならゴミ屋敷と呼ばれるほどの状態にすることはないと思うし、他の家族がゴミ屋敷やゴミ部屋にしてしまうことも珍しくありません。
自分で手に負えない場合でも、専門業者に依頼すれば家の中をキレイにしてもらえます。気になる専門業者が行うゴミ屋敷の作業内容にはいろいろなものがあります。
基本的には、家中のゴミや不用品を回収して廃棄して、清掃をしたら作業は完了となります。ただし、それだけではゴミ屋敷が元通りにならない場合もあり、状態によってさまざまな作業が必要となります。

ゴミ屋敷の片づけとはどんなことをしてくれるの?

たとえば、ゴミと日用品がゴチャゴチャになっている場合は仕分け作業が必要となります。業者によっては不用品をリサイクルして、費用負担を軽減してもらえる場合もあります。
亡くなったご家族が住んでいた家がゴミ屋敷になっている場合は、遺品整理が必要なケースもあり、遺品整理にも対応している業者もあります。
庭の草がボーボーになっている場合は、草刈りや雑草の処分も必要になります。このように、ゴミ屋敷の片づけを専門にしている業者が行うべき作業は多様にあるのが現実です。

02ゴミ屋敷の整理をはじめて行うときに気をつけることは

ゴミ屋敷の整理をはじめて行うときに気をつけることは

ゴミ屋敷と呼ばれるほどに家の中が散らかってしまった場合は、普通の掃除や大掃除などとは違って気をつけなればいけないことがいろいろあります。
はじめてゴミ屋敷の片づけを行う場合は、後先考えずに作業に踏み切ることにより、結局途中で挫折して家の中がキレイにならないということになるケースも多いようです。
ゴミ屋敷の片づけをはじめる前には、本当に人手が足りているかを確認して、スケジュールをしっかり立ててから臨むことが大事になります。
たとえば、作業にかけられる時間が1日か2日しかないのにノープランで片付けをはじめてしまうと、全く作業が進まなかったということにもなりかねません。
部屋の広さにもよりますが、基本的にワンルームなどの部屋でもたった1人で1日だけでゴミ屋敷を完璧に片づけることはできません。狭い部屋でも1日で何とかしようとするなら、最低でも3人程度の人手を集める必要があります。そのうえで2〜3日は作業できる日にちをつくるようにしましょう。
また、ゴミ屋敷の片づけには、普通の清掃よりも多くのゴミ袋や軍手やマスクや作業服の他にも、ガムテープや紐や雑巾、洗剤、ほうき、掃除機、バケツなどの清掃道具一式と、場合に応じて殺虫剤などが必要になることもあるので、事前に片付けに必須な道具を取り揃えておかなくてはいけません。

03多くの方がゴミ屋敷問題で抱える3つの悩みを紹介

1.ゴミ屋敷から出るゴミの処理方法
ゴミ屋敷からは大量のゴミが発生し、ゴミの中に粗大ごみがあった場合は通常のゴミの日に出すことができません。
また、ゴミの量が多過ぎる場合も一度にはゴミの日に捨てられないことも多いので、一気に全てのゴミを処分したい場合は、自治体のごみ処理センターへ自分で搬入するか、ゴミ処理業者に依頼してみましょう。

2.ゴミ屋敷を片付ける手順はどうすべき
ゴミだらけの家の中を片付ける際には、狭い範囲から作業を開始するのがコツで、ゴミと使えるものを仕分けすることからはじめましょう。
何部屋もある場合は、1部屋ずつゴミを搬出して清掃を行い、次の段階に移行することをおすすめします。
ゴミ屋敷にはゴキブリやハエなどの害虫が潜んでいることも多いので、事前に殺虫剤を用意して、害虫を発見する度に噴射するなどして退治していきましょう。

3.ゴミの仕分け方が良く分からなくて作業が進まない
ゴミ屋敷をスムーズに片づけるコツの一つとして、全てを処分する意識を持つことが挙げられます。
それができない人は、取っておくものの量をあらかじめ決めておき、目の前にあるものに集中して、1個ずつ丁寧に作業を進めていきましょう。

04ゴミ屋敷を片付けしてくれる業者にはどのような種類がある?

ゴミ屋敷の片づけを自分でできない人のために、さまざまな業者がお困りの方に代わって作業をしてくれます。
ゴミ屋敷問題をお困りの方が増えていることから、最近ではゴミ屋敷の片づけを専門に行っている業者も全国的に増えているようですが、その他にも、不用品回収業者や遺品整理業者や生前整理業者や特殊清掃業者やゴミ処理業者など、依頼先はたくさん選べるようになっています。
少子高齢化と核家族化が加速する中で、高齢者の一人暮らしも増えていて、家事を全てやってくれていた妻が亡くなったり、病気になったりしたりして以前通りに家の掃除ができなくって家がゴミ屋敷化するケースも増えているようです。
親と離れて暮らしている場合は、亡くなる直前まで実家がゴミ屋敷化していることに気づかない方も多いみたいで、ゴミ屋敷の片づけにも対応する遺品整理業者が増えています。
また、孤独死の数も最近では急激に増えていて、特殊清掃にもゴミ屋敷の片づけにも対応する遺品整理業者も増えています。
ゴミ処理を専門にしている業者にゴミ屋敷の片づけを依頼する場合は、遺品整理や特殊清掃には対応してもえないケースがほとんどで、そうなると二度手間になり掛かる費用も高額になってしまう可能性が高いので注意が必要です。

05相模原市に拠点を置き神奈川県と東京全域に対応

相模原市に拠点を置き、地域密着型で神奈川県と東京全域を対応エリアにしています。
関東圏内であれば、その他のエリアにも対応可能なので、ゴミ屋敷問題や遺品整理などでお困りの方の助けとなっています。
相模原市は、神奈川県の北部に位置する政令都市で、2021年9月時点の人口は約72万5千人となっています。神奈川県内では、横浜市と川崎市に次ぐ第3位の人口規模を擁していて、全国でも人口の多さでは18位です。
政令指定都市というだけあって、市内には大型ショッピングセンターなど買い物や生活に便利な施設が豊富に揃っていて、JR、小田急線、京王線などの鉄道が乗り入れていて交通の便も非常に良いことも特徴です。
そんな相模原市では更なる飛躍を目指して、市のスローガンとして「魅力的な街になる」ことを掲げてどんどん開発を進めています。
相模原市には都会の装いと共に豊か自然も広がっていて、南部には丹沢山地、北部には生藤山、陣馬山、堂所山、景信山などの山々が連なっていて、神奈川県民の水を供給する相模湖、津久井湖、宮湖などの水源もたくさん擁しています。
相模原市には相模川、道志川、区市側、早戸川などのたくさんの川も流れていて、アユやウグイなどいろいろな魚も生息しています。

06ゴミ屋敷の片づけを業者に依頼した場合にかかる費用の目安

ゴミ屋敷の片づけを業者に依頼すれば費用が掛かりますが、ゴミ屋敷の片付けの費用設定は業者によっても異なるため、どこに頼むかは費用をできるだけ抑えたい方にとってはとても大きな問題です。
具体的な金額は、ゴミの量や家の間取りによっても異なり、ゴミの量が多くて部屋数が多いほど料金は高くなります。
これはあくまでも家の間取りによるゴミ屋敷の片づけにかかる費用の目安ですが、ワンルームや1Kの場合は25,000円〜80,000円、1LDKの場合は70,000円〜200,000円、2LDKの場合は120,000円〜300,000円、3LDKの場合は170,000円〜500,000円などとなっています。

ゴミ屋敷の片づけを業者に依頼した場合にかかる費用の目安

目安として紹介した料金にかなりの差があるのは、ごみの量の他にも必要になる作業員の人数や手配するトラックの台数によってもかかる経費が大きく変わってくるからです。
また、マンションの場合は階数やエレベーターの有無によっても料金にかなりの影響が与えられます。作業する現場にトラックを駐車できるかどうかでも料金は変わってきます。
さらに、ゴミ屋敷の場合は消臭作業や害虫駆除などの特別な作業が必要になる場合もあり、オプション料金が追加されると費用は大幅にアップします。

07ゴミ屋敷をスムーズに片付けするための3つのポイント

01ゴミ屋敷の片づけはやる気を出すことが大事

自分でやるにせよ業者に依頼するにせよ、まずはゴミ屋敷を片付けることに対してやる気を出すことが大事です。
ゴミ屋敷に限ったことではなく、面倒なことに対してはやる気を出さなければ何もはじまりません。

02ゴミ屋敷を片付けるメリットを考えよう

ゴミ屋敷の片づけをする気が湧かない、取り掛かってもスムーズに作業が進まないという方は、片付けることによって得られるメリットを考えましょう。
単純に部屋を片付ければ居心地が良くなり、紛失していた大事なものが見つかる、足場がなくなっていた床が見えるなど、どんなことでも構いません。
何をするにも、その行為をすることに対してメリットが得られるなら自然にやる気も湧いてきます。

03やるべきことをリストアップしてみよう

やみくもゴミ屋敷の片づけをはじめても、すぐに終わりが見えないことが嫌になり、作業が進まなくなるというケースは多いです。
それを解消するには、最初にやるべきことをリストアップして、準備を万端に整えることをおすすめします。
できれば時間を掛けて片付けを遂行するスケジュールを立てて、1部屋ずつ余裕を持って片付けていくことをおすすめします。
1つ1つ結果を出していくと、その都度メリットを感じられ、やる気が失せることなく任務を終えることができるでしょう。

08ゴミ屋敷を業者に依頼するときに比較すべきポイントは

ゴミ屋敷の片づけを業者に依頼するときに、最も多くの方が気になるのはやはり作業料金でしょう。
作業料金を算出してもらうのに電話だけで済ませる方も多いですが、その場合は概算しか算出してもらうことができないので、最終的に業者を選ぶときには必ず現場を実際に見てもらい正確な見積書を提出してもらいましょう。そのうえで追加料金が掛からないことも確認してください。
中には悪徳業者とまではいかなくても、作業後に見積り忘れなどの理由をつけて追加料金を請求してくる業者も少なくないようです。
その点も含めて、依頼先には信頼できる業者を選択しましょう。信頼の大きな証になるのが実績と視覚の有無です。それらは各社のホームページの中でも確認ができるようになっています。
ゴミ屋敷の片づけ作業をする場合は、家の中やマンションやアパートなどの共有部分を傷付けられるリスクもあるため、保険への加入の有無も大事なチェックポイントです。
保険に加入しても補償内容がしっかりしていないと意味がないので、そこもしっかり確認して依頼先を決定しましょう。
その他にも業者によって対応してもらえるサービスが異なるので、自分が求めているサービスを提供しているかを確認してください。

09ゴミ屋敷問題で多く寄せられる相談とはどんなこと

ゴミ屋敷問題で多く寄せられる相談とはどんなこと

ゴミ屋敷は、自分だけではなく家族や近隣の方なども巻き込む一大事になることも多く、簡単には解消できないかなり大きな課題です。
中には自分が家の中をゴミ屋敷化しているのに、そうなる原因を理解できていないケースもあるようで、それが他人の引き起こす問題ともなれば、「どうしてゴミ屋敷が生み出されるの?」と真剣に悩んでいる方も少なくないようです。
実際に、近隣住宅が突然ゴミ屋敷化して毎日異臭で悩まされている方も年々増えているようで、市区町村の窓口にどうにかして欲しいと相談に来る人の数も増えているようです。
その中で多く質問される事項の中に、ゴミ屋敷になってしまう原因を問うものがありますが、ゴミ屋敷が生み出される原因は複数あるようです。
その一つとして挙げられるのは「ものを捨てるのがもったいない」ということで、それが原因で不用品やゴミが蓄積されて家の中から物が溢れ出すケースも多いみたいです。
他にも、精神的な問題でゴミ屋敷を発生される方もいるようで、たとえば、最愛の妻が他界した、認知症になった、仕事で過度なストレスを抱えているなどが原因として挙げられます。
最近の若い人で多いのは、ゴミの捨て方が分からないでどんどん家の中にゴミを溜め込むケースです。

10ゴミ屋敷に関することで良くある3つの質問を紹介

質問 ゴミ屋敷が近隣住宅にもたらす影響は?
回答 自分の家が汚いだけで、ご近所に迷惑をかけていないから何の問題もないと思っている方も少なくないようです。
しかし、ゴミ屋敷からは悪臭が出やすくなり、ネズミやゴキブリなどの害虫を発生させてかなりの近所迷惑になるケースも多いです。
さらに、ゴミ屋敷は火災リスクも高くなり、もしも火災を引き起こして近隣に家がある場合は、損害賠償時間に発展する恐れもあります。
質問 ゴミ屋敷を自分で片付ける秘訣は?
回答 自分でゴミ屋敷を何とかしたい場合は、無理をしないでできることからゆっくりと作業を進めていくのが効果的な方法です。
どうせ片付けるなら一気に終わらせてしまいたいという方も多いと思いますが、ゴミ屋敷のほとんどは1日で簡単に片付けできるものではありません。
なかなか作業が進まない場合は、締め切りを作って、作業が終わったら自分にご褒美を用意するものおすすめの方法です。
質問 ゴミ屋敷を上手に片づける方法は?
回答 自分でゴミ屋敷を片付けられない場合は、一度自治体に相談してみることをおすすめします。
お金に余裕があってすぐに何とかしたいなら、プロの業者に相談しましょう。
ゴミ屋敷の片づけを専門にしている業者なら、短期間でゴミ屋敷をキレイにしてくれます。

11ゴミ屋敷の片づけを業者に依頼するときの注意点とは

POINT ゴミ屋敷の片づけに対応している業者も最近では増えていますが、依頼する業者によって料金はもちろんですが、サービス内容も異なるので、自分が求めるサービスを提供している業者を選択しなくてはいけません。
ゴミ屋敷の片づけということで、ゴミの他にも不用品がたくさん出ることも想定されるわけですが、全てのゴミや不用品を回収できない業者もいるので注意が必要です。
せっかく家の中をキレイに片づけることができても、全ての荷物を処分してもらえないのは困ったことです。たとえば、今では家電を処分してもらうにも家電リサイクル法で定められたリサイクル料金が掛かります。
家電リサイクル法の対象品を回収処分するためには、業者が一般廃棄物収集運搬業許可もしくは産業廃棄物収集運搬業許可などの許可を受けていなくてはいけません。
他にも、片付け専門の業者に依頼した場合は、簡易な清掃はしてもらえても、ハウスクリーニングには対応していないケースもあります。
ゴミ屋敷は簡単な清掃では汚れが落ちない部分も多いので、ハウスクリーニングができるかどうかは業者選びの大きなポイントです。

12ゴミ屋敷で良く必要になる特殊清掃ってどんな清掃なの?

ゴミ屋敷に関する専門用語にはいろいろな言葉がありますが、亡くなった親や親戚が住んでいた家がゴミ屋敷化していて、プロに清掃を依頼する場合に特殊清掃、もしくは特別清掃が必要になると言われることもあります。
特殊清掃とは、自殺や孤独死や事件など起きて遺体が発見された現場を原状回復する特殊な清掃のことで、通常の清掃業者では対応できないケースがほとんどです。
また、遺体があった現場以外でも、火災やボヤなどの災害が起きた現場や、カビ臭やたばこ臭やペット臭などが蓄積された異臭が蓄積された現場を元通りにする清掃なども、広義として特殊清掃や特別清掃と呼ぶこともあります。
遺体が長く放置された場合や血痕が床などに染みついていた現場は、市販の洗剤や清掃機器を利用しても落とすことができません。
特殊な器具や洗剤に加えて、特殊な技術を有する専門業者でしか、それらをキレイに取り去り原状回復させることはできません。
ゴミ屋敷には遺体がなくてもしつこいほどの異臭が残されているケースが多く、それを完全に取り去ってもらうためには、特殊清掃を手掛けている業者でないと難しいでしょう。

PageTop

Copyright(C) 合同会社クリーンサービス All Right Reserved.